アイキャッチ画像

水泳関連

40代から始めるスポーツは水泳‼現役スイマーがメリットを4つ解説

スポンサーリンク

困ったさん

40歳すぎたあたりから太り気味…なんとか基礎代謝をあげたいなぁ

 

40歳から体型が気になる夏に向けてなんとかしたい

 

 

そんな悩みを解決します。

この記事の信頼性

ジム歴8年 現在も週3-4日通う

マスターズスイマー登録済

 

40歳すぎたあたりから体系ってくずれがち。それは年々代謝が落ちるから。

 

この記事では体型が気になりジムを始める、または既に通っている方を対象に書いています。

この記事で書いてあることを実践していただければ効率的に体を絞ることができます。

 

私も8年間行っており体型は176㎝/65㎏と細マッチョをキープしています。

 

ではさっそく結論からです。

 

代謝や体形が崩れいる40代のあなたは

水泳をはじめる事をおすすめします

 

理由は次の3つです

 

消費カロリーがすごいから

全身運動で筋肉に刺激を与えられる

歳を重ねても継続可能

 

順に説明していきますね。

 

40代で水泳を始める理由 ①消費カロリーがすごい

personal_training運動してカロリーを消費すること。これが40歳をすぎる頃から難しくなりますよね。

 

なぜなら基礎代謝が落ちてくるから

 

でも水泳を始めれば大丈夫です。それくらい泳ぐ時の消費カロリーってすごいんです。

 

では具体的にどの程度消費するのか解説しますね。

 

水泳における消費カロリー

水泳における消費カロリーは泳法や強度によっても様々です。

 

他の種目と比べてみました。

測定基準は次の通りです。

 

基本情報

  • 運動時間 30分
  • 体重 60キロ

 

計算式

  • 消費カロリー(kcal) = メッツ * 体重kg * 運動時間 * 1.05

 

メッツ値

  • メッツ値は運動によるエネルギー消費量が、安静時の何倍にあたるかを示す値です。メッツ値は国立健康栄養研究所 改定版「身体活動のメッツ表」の値を使用しています。

引用https://keisan.casio.jp/exec/system/1575515755

 

種目 消費

カロリー(kcal)

運動強度

(メッツ)

サッカー 221 7
ランニング 261 8.3
スイミング 261 8.3
バドミントン 221 7
ウォーキング 110 3.5
水中ウォーキング 142 4.5

 

図にように水泳は他の競技と比較しても運動強度,消費カロリーが高いことがわかります。

 

泳法によっても消費カロリーが違う

水泳における泳法は4種類。知ってますか?サクッとおさらいしておきましょう。

 

①クロール

基本の泳ぎです。ちょっと知ってる人は「フリー」とも言います。一番効率よく泳げてスピードが出る泳法です。

 

②背泳ぎ

背面で泳ぎます。クロールをひっくり返したような泳ぎ方です。「バック」とも言います。

スピードでは3番目ですね。

 

③平泳ぎ

カエルのような泳ぎ方です。4泳法の中で一番難しい泳ぎ方となっています。「ブレスト」とも言ったりします。

 

余談ですが私はこれが専門の泳ぎ(スタイル1)で頑張っています。

 

④バタフライ

足はドルフィンで両手同時に回す泳ぎ方ですね。疲れます。スピードはクロールと同じくらい速いです。「バッタ」とも言います。

 

各泳法で消費カロリーはどの程度?

条件

  • 運動時間:30分
  • 体重:60キロ

 

泳法 消費カロリー

(kcal)

強度

(メッツ)

クロール 315 10
背泳ぎ 299 9.5
平泳ぎ 324 10.3
バタフライ 435 13.8

 

上記のように泳法によって消費カロリーに差がありますが、まず30分も泳ぎ続けるのはかなりキツイ作業となります。

 

経験上40歳の方であればクロール一択で間違えありませんね。他の泳ぎを30分続けるのは地獄です。

 

 

 

40代で水泳を始める理由 ②プールに入るだけでカロリー消費

personal_trainerジムや市民プールも一緒ですが水温は30°〜32°くらいに保たれています。

 

これって体温よりも低いですよね。

 

我々人間の身体は体温が低いと身体を冷やさないようエネルギーを消費して熱を作り出します。

 

よく冬の方が代謝がいいってやつと同じ原理ですね。なのでプールに入ってるだけで通常よりカロリーを消費することができます。

 

 

40代で水泳を始める理由 ③全身運動の筋肉が鍛えられる

working_out

水泳をおすすめする理由の3つ目がこれです。

 

水泳は全身の筋肉に刺激を与えるので美しいスタイルになります

 

美しいスタイルになる理由は

全身を使って泳ぐから

水の抵抗に逆らって泳ぐから

 

 

全身を使って泳ぐ

どの泳法もそうですが特に体幹が鍛えられます。

 

陸上でやってみるとよくわかるのですが腕を別々に回してみてください。

 

身体もブラブラ左右に揺れます。実は揺れを抑えるために腹筋も使っているんです。

これを水中でやると抵抗が増すので体感をさらに効率よく鍛えてくれます。

 

水泳の特徴である左右同じ動きをすることも全身をバランス良く鍛えてくれます。

 

ほとんどのスポーツ左右どちらかに偏ったり腕や足のみを重点的に使います。
水泳はどの泳法も左右差がない。かつ腕や足両方同時に鍛えられます。

 

 

浮力があり怪我をしにくい

 

40代くらいで急に運動するとケガをしてしまいがち。

ランニングなどは骨や関節に負担をかけやすいのですが、その点水泳は浮力が発生するのでケガをしにくいのも利点です。

 

浮力って?

水の中に入れた物と同じ体積分の水の重さだけ軽くなる事です。

水中ウォーキングなんかは浮力で自分の体重が減っているんで膝に負担がかからないですよね。

 

 

昔怪我している方でも大丈夫

水泳なら体が動くって言う人も多いです。やっぱり浮力があって体に負担が少ないのででしょうね。

 

 

40代で水泳始める理由 ④年齢を重ねても続けられる

update私が参加しているマスターズ大会でもご高齢の方が多いです。

マスターズ水泳の大会では5歳ごとに区分が分かれるのですが、40歳代はまだ若者の部類に入ります。

55歳以上の参加者が圧倒的に多いです。

こんな大会もほかの競技ではあまり見ないと思いませんか。

 

スタートまではヨロヨロなのに水中の中では(泳いでいる時)バタ足がすごかったり、腕の回転が早かったりまるで別人の人が多いです。

 

40歳から初心者で初めても80歳になるまでバリバリで続けられるこれが水泳の魅力です。

 

野球やサッカーではこんなに長くは出来ませんしそもそも40歳からはじめるのは不可能です。

 

ただし自己流は推奨できません。

 

自己流はダメ

理由

継続することが難しい

 

自己流で泳ぐとすごく疲れます。そしてなかなか前へ進みません。

で辞めたくなります。

こういう流れでジムをやめる人って多いですよね。

 

正しい泳ぎ方を身につけるだけで疲労度や進み方が違ってきます。

 

基本のクロールだけでいいのでお金を払ってでも習ってみましょう。水の捉え方やストリームラインなど全ての泳ぎにつながってきます。

 

ひと搔きでグーっと進む感覚が掴めたら楽しくなってきます。

 

 

マスターズ大会にチャレンジ

 

ただ泳ぐだけでは継続は難しい。それは目標(ゴール)が定まらないから。
目標を持った方がそれに向かって努力するから続けやすいです。

 

私も初めはただジムに通って自分が満足する距離を泳いで終了でした。

 

こう言う泳ぎ方ももちろんOKですが、これって目標がないからちょっと風邪やどっかが痛くなったら休んでしまいがちになります。

 

そう思っている人は
マスターズ大会に挑戦してみませんか。目標があると全然違ってきますよ。

 

しかもこのマスターズ水泳は全国で開催されているので参加がめちゃしやすいです。

 

もちろんレースなので順位はつきますがあまり気にならないです。自分のタイム特にベストが更新できたかの方が気になります。

マスターズ大会に挑戦すべき人

  • 明確な目標がなく泳いでいる
  • 軽い風邪や疲れすぐにジムをさぼりがちな人

 

メリット

  • 自分の成長を実感できる
  • 参加がしやすい
  • 目標ができ練習に行きたくなる

デメリット

  • ドキドキする
  • 費用がかかる

 

大会が近づくとドキドキします。

まぁこれは仕方がない事でこのドキドキ感を楽しむしかないですね。

 

費用は年間のマスターズ登録料と大会の参加費用です。

 

  • マスターズ登録は年間2,000円
  • 大会参加費用は1レース1,500円〜2,000円位

 

 

40代から水泳を始める:デメリット

feeling_blue

デメリットは次の2つです

 

次の日の疲労がすごい

ジムの費用がかかる

 

どのスポーツでも言えることかも知れませんが、はじめのうちは疲労感が半端ないです。

 

特に水泳は全身を使うので全部筋肉痛になるでしょう。最初のうちはガツガツ泳がずに短い距離をゆっくり泳ぐ事です。

 

ジムの費用がかかる

これは必要経費ですね。もし近くに市民プールが有ればラッキーです。ジムに通うよりかなり安いです。

 

しかも、練習会安く講習会なんかも定期的に開催されている場合が多いです。

 

 

まとめ:40歳から水泳をはじめる理由

 

次の3点を40歳から水泳をはじめる理由としてあげました。

 

消費カロリーがすごいから

全身運動で筋肉に刺激を与えられる

歳を重ねても継続可能

 

いかがだったでしょうか?

 

泳ぎに自信がない方は最近では動画なんかもあるので泳ぎの参考にできます。

 

正しい姿勢で泳げると筋肉のつき方が半年〜1年ほどで変わってきます。

 

屋内なので日焼けなども気にせず一年中利用できる点もいいところです。

 

マスターズ水泳大会に出るとまた違った刺激が受けられて練習に気合が入ります。

以上です

 

水泳を始めたいと思っている方はつぎの記事も読んで参考にしていただけると幸いです。

How to choose swimwear that gym beginners do not fail
マスターズスイマーが教える‼ジム初心者が失敗しない水着の選び方

続きを見る

 

水着って意外と値段しますよね。少しでも安く購入する方法があります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

アイキャッチ画像
マスターズスイマーが教える水着を安く購入する方法 おすすめ3選

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ノブ

現役視能訓練士のブロガー。毎日仕事におわれる日々ですが。 マイルに関する記事や日々の生活に役立てる情報を発信しています。 現役のマスターズスイマーでもあり、主に四国内の大会を転戦しています。

-水泳関連

Copyright© NOBU BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.