タイトル アイキャッチ

クレジットカード

ソラチカゴールド誕生 空でも地下でもマイルが貯まる最強カード

スポンサーリンク

ついにANA To Me CARD PASMO JCB GOLDが登場しましたね。「ソラチカゴールド」

困ったさん
今まであったソラチカカードと何がちがうの?

切り替えた方がいいのかなぁ?

こんな疑問にお答えします。

実はソラチカゴールドは大変魅力的なカードなんです。

特に陸マイラーにとっては「ソラ」でも「チカ」でもマイルが貯まるカードだからです。

この記事ではソラチカゴールドの基本的スペックやソラチカカードとの比較など紹介しています。

記事を読んでいただけるとソラチカゴールドの評価がわかり、もう発券するかで悩む必要はなくなりますよ。

 

さっそく結論から言っときますね。

年会費がソラチカカードより7,000円高いが

毎年2,000マイル
フライトボーナス25%
獲得できるメトロポイントアップ
10マイルコース手数料無料
海外旅行保険付き
空港ラウンジにビジネスクラスチェックインが利用可能

などの特典がありお得入会を検討すべきカード

 

まずは、ざっくりソラチカゴールドのスペックをチェックしときましょう。

年会費 15,400円(税込)
家族カード 2200円(税込)
ポイントプログラム OkiDokiポイント
国際ブランド JCB
ポイント還元率 1.0%
マイル移行可能な航空会社 ANA
マイル移行手数料 無料

 

ソラチカゴールドを使用して得られるポイントは全部で3種類

たまるポイントの種類はこの3つ

メトロポイント
OkiDokiポイント
ANAマイル

 

 

利用シーンにおいて得られるポイントが異なります。

 

利用シーン メトロポイント okidokiポイント ANAマイル
クレジットカードでのお買物           ◯

1,000毎に1ポイント

東京メトロの定期券購入&クレジットカード決済       ◯

1,000円毎に5ポイント

          ◯

1,000毎に1ポイント

PASMOへのオートチャージ         ◯

1,000毎に1ポイント

ANA航空機の利用       ◯

フライトボーナス25%UP

東京メトロに乗る       ◯

平日乗車

20ポイント

土休日乗車

40ポイント

メトロPlus加盟店でのPASMO決済 店舗

200毎に2ポイント

自動販売機100毎に2ポイント

 

集めたポイントはソラチカカードという名の通り空でも地下でもポイントの相互利用が可能。

ポイント相互利用図ここで注目してほしいのは、すべてのポイントがマイルへ変換可能な点‼
しかも、どのポイントもかなりの高交換率な点が陸マイラーとってはうれしい

メトロポイントは100メトロポイントでANA 90マイルへ
OkiDokiポイントは1ポイント=10マイル

okidokiランド等でもらえる
ボーナスポイントは1ポイント=3マイル

 

ごちゃごちゃになると思うんでまずはANA側からいきましょう。

ソラチカゴールド ANA側の特典

毎年ボーナスマイルが嬉しい

毎年カードの更新のたびに2,000マイルがボーナスマイルとしてもらえます。

1マイルが2円相当なので4,000円分に相当しますね。年会費が少しペイできます。

 

今ならマイ友キャンペーンも実施中‼
新規にマイレージプログラムに入会すると、さらにプラスで2,000マイルもらえます。

マイルをゲット‼マイ友プログラムをステップを踏んで図解で徹底解説
マイルをゲット‼マイ友プログラムをステップを踏んで図解で徹底解説

 

フライトボーナスが10%から25%へUP

ANA フライトボーナス

出張など飛行機をよく利用する人にはおいしいフライトボーナスマイルが通常より25%もUPしてもらえます。

 

ビジネスクラスチェックインが利用可能

空港 チェックインカウンター

ANAの国際線を利用するとき限定ですが、エコノミークラスでので利用でもビジネスクラスのチェックインカウンターが利用可能。

結構エコノミークラスは混雑しますのでこれでスマートにチェックインでき時間にもココロにも余裕が生まれる嬉しいサービスですね。

 

空港ラウンジが利用可能

ラウンジつばき クレジットカード

国際線利用なら2-3時間前集合が当たり前。
結構時間を持て余す事も。

そんな時ソラチカゴールドなら国内45箇所+ハワイの空港ラウンジが無料で利用可能。
飛行機に乗る前にコーヒーを飲んで一息なんていかかですか。

※ANAラウンジではなく、クレジットカードラウンジが対象。

 

ソラチカゴールドカードは保険も充実

さすがJCBのゴールドだけあって保険も充実しています。

海外旅行保険 本会員
死亡・後遺障害 最高1億

自動付帯 5,000万円

傷害治療 自動付帯 300万円
疾病治療 自動付帯 300万円
賠償責任保険 自動付帯 1億円
携行品損害 自動付帯 100万円
救援者費用 自動付帯 400万円

 

国際線航空機遅延保険
乗継遅延費用 2万円
出航遅延費用 2万円
寄託手荷物遅延費用 2万円
寄託手荷物紛失費用 4万円

自動付帯の条件はクレジットカードを持っているだけでOK。
保険が文字通りついてくるので大変便利です。

死亡・後遺障害は利用付帯なのでソラチカゴールドカードを旅行代金などで支払うと最高1億円にUPします。

 

自動付帯 持っているだけで保険適応
利用付帯 旅行費・移動費などでカード支払いで保険適応

ソラチカゴールドには家族特約で海外旅行保険がつくことも嬉しいサービス

海外旅行保険 家族特約
死亡・障害保険 1,000万円
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 200万円

 

国内旅行にも保険が付きます

国内旅行 本会員
死亡・後遺障害 最高 5,000万円
入院保険日額 最高 5,000円
通院保険日額 2,000円
手術保険 入院日額×10・20・40倍

同じANAゴールドカードでもVISAやMasterCardではここまでの保証はつきません。

家族特約や国内旅行にも保険が付くのはもはやプラチナカードと遜色ないレベル

保険の充実を図りたい方にはもってこいのカードといえます。

 

これでANA側については終わりです。

次はJCB側okidokiポイントについてです。

 

JCB ポイントプログラムはokidokiポイント

JCBのクレジットカード決済で得られるポイント名はokidokiポイント。

  • okidokiポイント
  • 有効期限は3年
  • 1,000=1ポイント(okidokiポイント)

ポイントはその都度のお買い物につくのではなく月合計の金額に合わせてつくので無駄がないのもうれしいポイント

 

利用金額に応じて翌年度の還元率がアップ

年間の利用額によって翌年度の還元率がアップする制度「JCB STAR MEMBERS」があります。
(付与されるのはボーナスポイント)

  • 年間50万円以上  :10%アップ(スターβ)
  • 年間100万円以上:20%アップ(スターα)
  • 年間300万円以上:25%アップ(ロイヤルα)

例えば
年間100万円以上利用し、翌年も100万円利用すると、「100円=1.09マイル」にアップ。

かなりの強者ですが,300万円以上のロイヤルαなら、「100円=1.1125マイル」にアップ!

一般人はとりあえずスターαを目指すのが現実的ですね。

 

ソラチカカードは、スターαまでですが、ソラチカゴールドならロイヤルαのランクまで用意されているので、利用金額が多ければソラチカゴールドのほうが有利に

 

OikDokiランド利用でポイントがたまりやすい

OikDokiランドを上手く利用する事でOikDokiポイントがかなり貯めることが可能です。

 

OikDokiランドはポイントサイトのようなインターネットモール。
OikDokiランドを経由して商品をソラチカゴールドで購入すると最大OikDokiポイントが20倍まで獲得できます。

OkiDokiランドに出店している主なサイト

楽天市場 Yahooショッピング Amazon
楽天トラベル ZOZOTOWN じゃらん
ユニクロ ビックカメラ ニッセン

 

ポイントサイトに出ていないAmazonがあるのは嬉しいですね。
他にもいろんなショップがあり旅行・コスメ・ファッション・書籍なども購入可能です。

注意ポイント

20倍など獲得できるポイントは通常ポイントと違う扱いになる点です。
ややこしいのですがボーナスポイントになります。

・OkiDokiポイントをANAマイルへ変更時
通常 1ポイント=10マイル
ボーナスポイント 1ポイント=3マイル

 

Oki Dokiポイントをマイル交換

ソラチカゴールドカードは常に10マイルコースなので1okidokiポイント=10マイルで交換できるます。

 

一般カードであるソラチカカードは10マイルコースにすると毎年7,000円の手数料が発生します。

手数料無料なら1okidokiポイント=3マイルでの交換になります。

ソラチカゴールド ソラチカカード
年会費 15,400円「税込」 2,200「税込」
10マイルコース 無料 毎年7,000必要
5マイルコース 設定なし 無料

 

マイルへの移行方法は2種類

おすすめはマイルポイントコース

  • 自動移行コース
    毎月ポイントがマイルへと移行されます。
    メリットは勝手移行されるのでポイントの失行の恐れがないこと
  • マルチポイントコース
    都度以降なので自分の好きなタイミングでマイルへ移行できる。
    メリットはポイントの失行ギリギリ3年まで保有可能。
    ANAマイルの有効期限まで含めると最大6年とすることができます

ポイント有効期限3年+ANAマイル有効期限=6年

 

ボーナスポイントについて

Oki Dokiランドや「JCB STAR MEMBERS」などで獲得したポイントはボーナスポイント。

1ボーナスポイント=3マイルになります。

 

ポイント

メトロポイント経由でANAマイルへ交換するとレートがアップしてお得

1.5倍も多くもらえることができます
やり方は以下の通り

1 Oki Dokiボーナスポイント=5メトロポイント=4.5マイル

ルートが有効なのはボーナスポイントのみなので注意。
通常のポイントは直接マイルへ移行して下さい。メトロポイント経由すると10%減ってしまいます。

これでJCB側(OikDokiポイント)の解説は終わりです。
最後はソラチカの地下で獲得できるメトロポイントについてです。

 

メトロポイントの概要

メトロポイントは、東京メトロが提供するポイントサービスです。
メトロポイントPlusにお申し込みしたPASMOの利用や、定期券購入等でポイントがたまります。

 

メトロポイントの有効期限

毎年4月1日から翌年3月末日までの間に付与されたメトロポイントは、翌々年の3月末日まで有効です(最長2年間)。

イメージとしてはこんな感じ

メトロポイント 有効期限

 

乗車してためる

メトロポイントPlusに登録したPASMOで、東京メトロに乗るごとにメトロポイントが貯まります。

平日・1乗車ごと(定期券・企画券区間外)
20ポイント
土休日・1乗車ごと(定期券・企画券区間外)
40ポイント

決まった区間を行かない営業マンの方や就職活動などで利用する人はどんどんポイントがたまりますね。

都度の利用の方も往復で土休日なら80ポイントがたまるので知らないうちにたまっていきます。

 

電子マネー利用でためる

メトロポイントPlusに登録したPASMOの電子マネーを使って、メトロポイントPlus加盟店にてお買い物するとメトロポイントが貯まります。

Plus加盟店
200円毎に2ポイント
自動販売機
100円毎に2ポイント

 

メトロポイント加盟店には以下のロゴ【メトロポイントPlus】が掲出せれています。

メトロポイントプラス ロゴ

メトロ内の売店やEchika、Esolaやメトロ内の自動販売機やコインロッカーが対象。
メトロが生活圏や通勤圏なら知らないうちにポイントが貯まっていくのが嬉しいところ。

 

さらに、PASMOオートチャージで、Oki Dokiポイントも貯められるので、ダブルでポイントをゲット。
オートチャージ時は、通常のカード利用と同様に基本1,000円で1OkiDokiポイントが獲得出来ます。

 

メトロポイントPlusに登録しないと貯まらないので、ソラチカゴールドを入手したら登録必須です。

 

定期券購入で貯まる

ソラチカゴールドのクレジット決済の定期券購入でメトロポイントとOkiDokiポイントの2重取りが可能。

メトロポイント
1,000円=5メトロポイント=4.5マイル

Oki Dokiポイント
1,000円=1OkiDokiポイント=10マイル

 

メトロポイントをANAマイルへ

集めたメトロポイントはANAマイルへ変更可能。

交換レートがやばいくらいいいんです。

交換レート
100メトロポイント=90マイル
移行単位:100メトロポイント〜

※一回の申し込みで20,000ポイントまで
移行方法:会員専用サイトから申請可能
※マイルへへの変換完了まで約1〜2ヶ月

 

マイルへ変換以外の使い道

マイルの価値を考えるとメトロポイントをマイルへ変換するのが一番価値が高いですが他にも使い道があるので紹介しておきますね。

  • PASMOへのチャージ
    10メトロポイント=PASMO10円分チャージ
  • 楽天ポイントに交換
    500メトロポイント=楽天ポイント 500ポイント
  • nanacoポイントに交換
    500メトロポイント=nanaco  500ポイント

 

ソラチカゴールド デメリット

ソラチカゴールドでのデメリットは3点挙げられます。

①年会費が高い

ゴールドカードだけあって年会費は高め。
VISAやMasterCardに比べ年会費の割引が受けられないことも大きなデメリットです。

リボ払いを使った割引制度もあるのですがメインで使うカードにはおすすめできないためここでは割愛します。

 

②海外旅行で使用不可の店がある

ブランドがJCBなので海外旅行に持っていく際には使えないお店があるのがデメリットです。
海外旅行に行く際はVISAかMasterCardも持っていくのがベストでしょう。

なお国内では間違いなく使えます。

 

③スーパーフライヤーズカードの設定がない

他のANAゴールドカードには設定があるので時間が経てばソラチカゴールドも設定されるでしょうが現在のところスーパーフライヤーズカードの設定がありません。

そのため現時点ではスーパーフライヤーズになれたとしても他のカードに変更する必要があります。

 

まとめ

ソラチカゴールドカードはソラチカカードのあったらいいなと言うポイントを補ってくれているカード。

年会費はソラチカカードと比べ高いがANAゴールドカード特典(ボーナスマイルや空港ラウンジ・ビジネスクラスチェックイン)が使えたり獲得できるメトロポイントのアップなどがうけられる。

東京メトロをよく利用する人で飛行機も乗る人であればまさにソラチカ空でも地下でもマイルが貯められるカードです。

 

メリット
毎年2,000マイル
フライトボーナス25%
獲得できるメトロポイントアップ
10マイルコース手数料無料
海外旅行保険付き
空港ラウンジにビジネスクラスチェックインが利用可能

デメリット
年会費が高め
海外では使用不可の可能性
スーパーフライヤーズ設定無し

 

たった5分でわかるソラチカカードの全貌 キャンペーン情報も合わせて解説

続きを見る

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ノブ

現役視能訓練士のブロガー。毎日仕事におわれる日々ですが。 マイルに関する記事や日々の生活に役立てる情報を発信しています。 現役のマスターズスイマーでもあり、主に四国内の大会を転戦しています。

-クレジットカード

Copyright© NOBU BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.