アイキャッチ画像

フライト

ANA国内線手荷物ルールを学ぶ。機内持ち込みできるものできないものリストあり

スポンサーリンク

ANA国内線の手荷物ルールにはいろいろルールが決められています。

もちろん安全を脅かす刃物や火薬類は持ち込み禁止なのは常識ですが,一方でヘアースプレーや

爪切りなんかは刃物だけど持ち込みは可能です。

中には楽器や自転車など運びたい人もいるでしょう。でもそんなものって運べるも?

そんな疑問に答えていきたいと思います。

 

この記事を読んでもらうと機内持ち込みのルールや預かりルールについて

深く理解でき、荷支度の時迷わずにすむと思いますので最後までよろしくお願いします。

結論からいきましょう。

ANA国内線の手荷物ルールは結構細かいが楽器や自転車も運んでくれる

快適な旅をするには荷造りの時点からじっかり準備しておくことが重要

ANA国内線の手荷物ルール

まずは基本から押さえていきましょう。

これさえ把握しとけばあとは細かいルールだけなんで覚えちゃいましょう。

 

飛行機に預けられる荷物について

機内持ち込みじゃないやつですね。

機内持ち込みは後で説明するんでご安心を。

 

無料で運んでくれる・サイズ・重量・個数

フルサービスの航空会社ならほぼ同じです。ANAで見ていきましょう。

 

重量(重さ)はどれくらいOK?

 

まずは重さです。これは席のランクによって違います。値段が高いプレミアムクラスなら40kgまで無料です。

 

普通席なら20kgまで無料です。

 

座席やサービスだけでなくこう言うところにも違いが出てくるのですね。

 

次は預けられるサイズ(大きさ)は?

3辺(縦、横、高さ)の合計が203cm以内です。

なのでスーツケースなどは余裕で預けられます。

 

どれくらい大きいスーツケースまでいけるかと言うと

LLサイズで,10泊以上は可能です。

3辺合計 重量 容量
153〜166cm 約5.7kg 90L以上

まぁでかいですね。

重量が約6キロもあるので制限まで残り14キロ…重量で引っかかる可能性がありますね。

 

預けられる個数について

重量・サイズを満たしていれば制限は無いです。

つまり、何個でもOKってことです。これはありがたいですね。

 

制限を超えるとどうなるの?

スーツケース イラスト重量やサイズをオーバーしてしまうと

別途、重量超過手荷物料金っていうものが発生します。ザックリ言えばお金を払えば運んでくれます。

 

ただし、1個あたりの重量32kgかつ一人合計100kgを超える場合は、運んでもらえないので注意です。

 

超過重量 全国一律 一部路線
1〜10Kg 2,500円 1,500円
11 ~20Kg 3,500円 2,500円
21~30Kg 4,500円 3,500円
移行10Kg毎に +1,000円 +1,000円
一部路線とは北海道内路線

東京(羽田)と八丈島間

福岡と対馬/五島/福江/宮崎間

長崎と対馬/壱岐/五島福江間

沖縄(那覇)と宮古/石垣間

 

上級会員のルール

ANA上級会員と(SFCスーパーフライヤーズ)はザックリ言えばお得意様制度ということです。

この上級会員にはさまざまな特典があり無料手荷物預かりの重量についても良い待遇が受けられます。

無料手荷物預かり重要の待遇内容

  • 搭乗クラスの無料手荷物許容量+20kgまで無料
  • 普通席:40kg  プレミアムクラス:60kgまで

上級会員SFC(スーパーフライヤーズ)とは?

 

飛行機に乗る事で得られるプレミアムポイントを年間で基準以上獲得する事で翌年の会員ランクが出世していきます。

 

  • 公式サイトでは、『スーパーフライヤーズ会員のお客様には、このカードをお持ちの方にふさわしい、選りすぐりのサービスをご利用いただけます。これからもずっと、ANAの空の旅をお選びいただけますように。』とあります。

 

この選りすぐりのサービスを受けれる様になりリッチな旅ができるようになります。

 

選りすぐりなサービス内容

ラウンジの利用 座席クラスのアップグレード 国際線特典航空券の優先
優先チェックインカウンター 手荷物受け取りの優先 手荷物許容量のご優待
専用保安検査場のご利用 優先搭乗のご案内

 

 

国内旅行ってどのくらい泊まるのか

 

じゃらんによると2018年の宿泊旅行実施者の年間の平均旅行回数は2.78回、平均宿泊数は1.76泊ということです。

 

なのでスーツケースはSサイズで十分ということが言えます。

スーツケースSサイズの大きさ

3辺合計 重量 容量
〜115cm 〜2.7kg 〜39L程度

 

 

次はよくあるパターンです。

地方から海外旅行に行く場合です。所謂、国内線を取り次いで国際線に乗るパターンですね。

 

国際への乗り継ぎがある場合

日本国内区間の無料手荷物許容量について

 

国際航空券の一部として発券された日本国内区間を利用する場合。わかりやすくいうと香川出発東京経由ハワイ(日本からハワイ)の場合

 

ANA日本国内線にもANA国際線ルールが適用となります。

 

一番わかりやすいのは 航空券面上に記載された無料手荷物許容量が適用になるので「eチケットお客様控え」の「手荷物(BAGGAGE)」欄を見るといいですよ。

 

eチケットお客様控えで確認

ANA eチケット控え

預かり手荷物については以上です。

次は機内持ち込み荷物についてです。

機内持ち込みの基本ルールはこうなります

  • 機内持ち込みができるサイズ・重量・個数
  • サイズオーバーでも別途料金を支払えば持ち込み可能
  • 座席や棚に収納できなければNG

詳しく見ていきましょう

機内持ち込みについてのルール

機内に持ち込めるのは身の回り品一つと手荷物1つです。

 

身の回り品とは

ハンドバッグ、ショルダーバック、リュック、パソコンケース、カメラ、傘など、座席下に収納できる程度のサイズのものです。

 

手荷物とは

スーツケースやキャリーケースやボストンバッグなどを指します

 

機内持ち込みができるサイズ・重量・個数

身の回り品を含めて1人10Kg以内までです。

以外と10Kgってすぐなので注意しましょう。

 

大きさサイズについては乗る飛行機の大きさによって多少違います。

100席以上の場合

3辺(縦・横・高さ)の和が115cm以内

かつ3辺それぞれの長さが

(55cm × 40cm × 25cm以内)

 

100席未満の場合

3辺(縦・横・高さ)の和が100cm以内

かつ3辺それぞれの長さが

(45cm × 35cm × 20cm以内)

キャスターやハンドルも含めた長さになります。松葉杖やステッキなどは制限外なので自由に持ち込めます。

 

サイズオーバーでも別途料金を支払えば持ち込み可能

滅多にないですが一応書いときますね

 

機内に持ち込ちこみたいがサイズがオーバーしてしまう例えば楽器や絵画などの場合には座席を2席以上取ること(特別旅客料金の支払い)でクリアできます。

 

  • 普通席・・・ 11,500円
  • プレミアムクラス・・・ 19,900円

座席や棚に収納できなければNG

戸棚 飛行機 収納 イラスト

いくら重量やサイズがクリアできても手荷物品は決められた場所に収納できなければNGです。

なぜなら、避難の際に邪魔になると危険だし走行中に飛び出したりしたら怪我をしてしまうから

なので機内持ち込み手荷物は、座席上の収納棚または座席下に収納できるものに限ります。

戸棚 飛行機 収納 イラスト

 

いろいろ運べます

基本的に危険じゃ無いものは通常の手荷物同様に預けて運んでくれます。

 

ただしスーツケースなどのその他のお預かり手荷物との合計重量が20kgを超え100kgまでの場合は、重量超過手荷物料金が発生します。

 

運べる物一覧

スポーツ用品 

スキー板 サーフボード ゴルフバック
自転車 釣り用品 ダイビング機材

 

楽器

私は楽器しないのでよく価値がわからないのですがバイオリンとかってめっちゃ高いのありますよね。

繊細な感じがするんで持ち込みが多いのでわないでしょうか。

 

基本楽器ケースの3辺の合計が115cm以内の場合

持ち込み手荷物として機内への持ち込みが可能

 

楽器ケースの3辺の合計が115cmを超える場合

手荷物カウンターにて受託手荷物として預けなくてはいけません。楽器によって専用ケースが用意されています。

 

貴重品・精密器械・ガラス類

これらも基本預けて運んでくれますが壊れてもANAには責任を負ってくれないので基本は機内へ持ち込んだ方が無難でしょう。

カメラ 瓶類 現金
時計 硝子製品 有価証券
パソコン 絵画 貴金属

 

ベビーカー・車椅子

この類は最近多いのではないでしょうか。基本的には機内持ち込みは出来ないので預けることとなります。機内にスペースがないためだそうです。

 

車椅子は搭乗手続きの際に空港用車椅子が案内されます。

 

無料で預けられる
折りたたみ式ベビーカー 携帯用ゆりかご
チャイルドシート 車椅子

 

機内持ち込み・預かりができないもの

ANA公式サイトでは

爆発の恐れがあるもの、燃えやすいもの、人に危害を与えたり、または他の物件を損傷する恐れがあるものは、法令により航空機輸送が禁止されており、お預けもお持ち込みもできません。また刃物類など「凶器」として使用される恐れがあるものは機内への持ち込みができません。

 

と書いてあります

まぁこの辺は常識が有れば大丈夫ではないのでしょうか。

 

注意してほしいのはパソコンやタブレットなどに使われているバッテリーです。

 

リチウム電池 バッテリーは制限があるので注意して

モバイルバッテリー イラスト

リチウム電池を内蔵した携帯型電子機器は、見えない場所で発火するリスクがあるため、機内持ち込みした方が無難です。

 

預けて規定に引っかかると没収せれてしまう恐れがあります。

 

内蔵されたリチウム電池が以下の容量を超えない場合、機内持ち込み・預けともに可能です

 

  • リチウム電池 2g以下
  •  リチウムイオン電池 160Wh以下

 

モバイルバッテリー(予備電池)についても規定があるので注意する必要があります。

 

100Wh以下のものは 制限なしですが

100Wh以上160Wh以下のものは 2個までしか機内持ち込みが出来ず

それ以上になると機内持ち込みや預けることもできません。

 

 

いろいろ一覧

品目 機内持ち込み 委託手荷物【預け荷物】
ナイフ類

折り畳み・登山ナイフ・カッターナイフ

すべてNG OK
はさみ 裁縫ハサミや化粧用のハサミはOK OK
その他の刃物 爪切りOK T字剃刀OK
先端が鋭利でなければOK
ドライヤー コード式ならOK
使い捨てカイロ OK
スポーツ用品

日用品のエアゾール

NG 1容器0.5㎏または0.5L以下でひとり2㎏又は2Lまで
スポーツ用・狩猟用の弾丸 NG 1人5㎏までOK
無煙たばこ・電子たばこ OKだが機内で吸うことはできない
ペット 昆虫・金魚など悪臭や迷惑がかからない動物はOK 犬・猫・ハムスター等はあずかりOK
電動いすのバッテリー OK
化粧品・医薬品 1容器当たり0.5㎏又は0.5Ⅼ以下で1人2㎏又は2Ⅼが上限
ヘアスプレーや虫除けスプレーなど OK OK
アルコール 酒 度数が24%を超え70%以下のもの

1人5Lまで 24%以下は制限なし

 

まとめ

以上が国内線の荷物の制限についての記事でした。

持ち込み手荷物や委託手荷物について基準が分かったと思います。

重量やサイズについては基準が明確で自分でも判断がつきやすいです。

注意すべきは機内持ち込み可能か預かりでないといけないかですがこれはいろいろと細かいので注意が必要です。

 

当日持ち込めると思ったものがNGで保安検査場でひっかかり没収されないようパッキングする前に不安なら航空会社に問い合わせてみるのも一つの手です。

最後までありがとうございました。 May it be a good trip for you

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ノブ

現役視能訓練士のブロガー。毎日仕事におわれる日々ですが。 マイルに関する記事や日々の生活に役立てる情報を発信しています。 現役のマスターズスイマーでもあり、主に四国内の大会を転戦しています。

-フライト

Copyright© NOBU BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.