写真 風景

マイル

やらなきゃ損。自動車税はクレジット払いが可能‼ポイントゲットで節税しよう

スポンサーリンク

こんにちはマイルをためて家族旅行を目指す陸マイラーのノブです。今回もぜひ最後までよろしく付き合ってくださいね。

今回の記事を特に読んで欲しいひとは

  • 自動車税を少しでもお得意支払いたい
  • 時間や場所を選ばずに支払いたい

 

自動車税って5月になると毎年必ずやってきますよね。しかもこれって結構な支払額じゃないですか。我が家は2台持ちなのでまぁまぁな額です。自動車税クレジットカードで支払ったらポイントたまるしこれをマイルに変換したら結構節約できるんじゃねぇと思い調べてみました。

 

結論

自動車税はクレジットカードで支払い可能‼︎ただ手数料がかかるので高還元率のクレジットカード支払いがオススメ

 

クレジットカード支払いが可能な都道府県

自分が住んでいる都道府県がクレジットカード支払いに対応しているかどうか調べてください。

都道府県名        支払いサイト 手数料(1回払い)
北海道 Yahoo!公金支払い 300円
青森県 Yahoo!公金支払い 300円
岩手県 F-REGI 公金支払い 300円
宮城県 Yahoo!公金支払い 300円
秋田県 モバイルレジ 税額により異なる
山形県 Yahoo!公金支払い 300円
福島県 福島県自動車税お支払いサイト 300円
茨城県 Yahoo!公金支払い 300円
栃木県 Yahoo!公金支払い 税額により異なる
群馬県 Yahoo!公金支払い 税額により異なる
埼玉県 Yahoo!公金支払い 300~330円(税込)
千葉県 F-REGI 公金支払い 300円
東京都 都税クレジットカードお支払サイト 1万円ごとに73円
神奈川県 Yahoo!公金支払い 300円
新潟県 Yahoo!公金支払い 300円
富山県 Yahoo!公金支払い 300円
石川県 ×
福井県 Yahoo!公金支払iい

福井県税納付サイト

300円
山梨県 山梨県税納付サイト 1万円ごとに73円
三重県 三重県自動車税お支払サイト 300円
滋賀県 滋賀県税納付サイト 300円
長野県 Yahoo!公金支払い 300円
岐阜県 Yahoo!公金支払い 300円
静岡県 Yahoo!公金支払い 300円
愛知県 愛知県税クレジットカードお支払サイト 1万円ごとに73円
京都府 京都府税納付サイト 1万円ごとに100円
大阪府 大阪府自動車税お支払サイト 300円
兵庫県 F-REGI 公金支払い 300円
奈良県 Yahoo!公金支払い 300円
和歌山県 Yahoo!公金支払い 300円
鳥取県 Yahoo!公金支払い 300円
島根県 Yahoo!公金支払い 300円
岡山県 Yahoo!公金支払い 300円
広島県 Yahoo!公金支払い 300円
山口県 Yahoo!公金支払い 300円
徳島県     ×
香川県 Yahoo!公金支払い 300円
愛媛県 Yahoo!公金支払い 300円
高知県     ×
福岡県 Yahoo!公金支払い 300円
佐賀県 Yahoo!公金支払い 305円(税込)
長崎県 Yahoo!公金支払い 300円
熊本県 Yahoo!公金支払い 税額により異なる
大分県

 

大分県自動車税クレジット納税サイト 300円
宮崎県 Yahoo!公金支払い 300円
鹿児島県 Yahoo!公金支払い 300円
沖縄県 Yahoo!公金支払い 314円(税込)

 

ほとんどの都道府県が対応していますがまだ全国ではないようです。最新の情報を自分が住んでいる自治体に問い合わせみるのもいいでしょう。

 

クレジットカードで支払うことのメリット

自動車税をクレジットカードで支払うことでいくつかメリットがあるます。

 

時間的な余裕がある

クレジットカードで支払いすることですぐに現金が出ていかない,つまり時間に余裕ができると言う点です。一時的にクレジットカード会社が立て替えて後日引き落としいわば返金する仕組みだからです。なので返金するまで時間的余裕が生まれますし手元に現金がない場合でも納付が可能です。

 

 

 ポイントが貯まる

私が思う一番のメリットがこれだと思います。

クレジットカードの利用額に応じて獲得できる点です。自動車税は結構高額ですよね。しかも一家に2台持ちのとこも多いと思います。

参考までに排気量    自動車税額です

  • 1000cc以下      29,500円
  • 1000cc~1500cc    34,500円
  • 1500cc~2000cc    39,500円

現金払いなら1円も帰ってこないですが1%還元率のクレジットカード支払いなら300ポイントくらいは戻ってきますよね。微々たるものですがないよりはマシだと思いませんか。

 

自宅で納付できる

これも結構便利です。クレジットカード支払いなら自宅のパソコンで支払うことが可能です。わざわざコンビニに足を運ぶ必要もないので自分の空き時間に手続きができます。

私も1度?2・3度あるかもしれません。コンビニにわざわざ支払いに行ったのに肝心の納付書を忘れてしまったことがあります。これも防げますよね。

 

クレジットカードで納付する場合のデメリット

 

クレジットカードで納付する場合、メリットがたくさんあることをご紹介しました。一方で、注意しとく点デメリットもあります。

 

決済手数料をとられる

ここが一番のデメリットになるでしょう。クレジットカード支払いをする時に手数料を徴収されます。徴収額は各自治体によって異なりますが、大体300円くらいだと思っていいでしょう。

現金払いはもちろん手数料はありませんので、クレジットカードで獲得できるポイントより手数料が高くでは本末転倒なのでよく計算してくださいね。なので出来るだけ手持のクレジットカードの中で還元率の良いのを選んでください。34,500円支払ったとすると1%のクレジットカードでの還元率は345マイルになります。0.5%なら172マイルですね。1マイル=2円以上と考えると0.5%のクレジットカードでほぼ手数料と同じくらいになります。

なので1%以上還元率があるクレジットカードなら問題ないくお得になります。

 

納付期限

当たり前ですが納付期限までに支払いましよう。期限を過ぎるとクレジットカードでの支払出来なくなります。これは納付期限が過ぎると延滞金などがかかったりするためです。

その場合は現金で支払うしか方法がなくなります。各金融機関や郵便局などで、現金を使って支払ってくださいね。コンビニ支払いも納付期限を過ぎると、バーコードが無効になるため支払いはできなくなります。

なお、納付期限を過ぎて1ヵ月くらいすると延滞金が上乗せされた督促状が届きますので、納付期限の遅延がないように支払いましょう。

 

納付証明書

クレジットカードで自動車税を納付すると、納付証明書の発行までに時間がかかつので注意が必要です。金融機関の窓口やコンビニエンスストアで納付した場合は、その場で納付証明書が受け取れますが、クレジットカードやインターネットで納付すると、納付から納付証明書が発行されるまでの期間は(自治体にもよりますが)およそ2~3週間かかってしまいます。

納付証明書は、車検のときに必須の書類のひとつです。車検がいつなのか把握したうえでクレジットカード払いするかを決めましょう。車検が近い場合などは現金払いが無難です。

最近では納税確認の電子化が進んでいるため、車検時に納税証明書を提示する必要がないこともあります。ただし納付してからデータベースに反映されるまで1〜3週間かかリその間はシステムで納付済むの確認が取れないず車検ができない危険性があります。なので車検が近い場合には現金払いにしましょう。

まとめ

自動車税の納付には、クレジットカードが便利

自動車税をクレジットカードで支払うとポイントやマイルが貯まるうえ、時間の節約にもなるなど、多くのメリットがあります。

ただし、クレジットカードでの自動車税納付には手数料がかかるので出来るだけ還元率の高いカードにしましょう。出来れば1%以上のものが好ましい。自治体に寄ったらクレジットカード不可の場合があるので、事前確認が欠かせません。

以上です。最後までありがとうございました。これを参考にマイルを少しでもお得に貯めれるよう祈っています。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ノブ

現役視能訓練士のブロガー。毎日仕事におわれる日々ですが。 マイルに関する記事や日々の生活に役立てる情報を発信しています。 現役のマスターズスイマーでもあり、主に四国内の大会を転戦しています。

-マイル

Copyright© NOBU BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.