アイキャッチ画像

クレジットカード

持っといて損無し。年会費無料自動付帯サブカードにおすすめ!エポスカード解説

スポンサーリンク

こんにちはマイルを貯めて沖縄家族旅行に行きたい陸マイラーのノブです。

海外旅行に行く時って行くときの保険ってどうしてますか?海外で病気や怪我をしたらすごくお金がかかるってテレビとか雑誌とかで聞いたことがあるって人多いと思います。

海外旅行に行く時心配だから一応保険に入った経験ってあると思います。あったときやっぱり保険が充実してないとちょっと行くのためらっちゃいますよね。有料の保険にはかないませんが手持ちのクレジットカードを充実させる事で結構賄えちゃえるんです。

今回は年会費無料で海外旅行保険自動付帯付きクレジットカード エポスカードの解説をします。

エポスカードとは?

若者に人気のファッションビルマルイを経営する丸井グループが発行しているクレジットカードです。マルイで受け取りができるちょっと面白いカードです。

エポスカード

 

スペック

エポスカードの基本スペックです。

国際ブランド VISA
年会費 無料
審査発行期間 通常1週間 マイル各店では即日発行
ポイント名 エポスポイント
ポイント価値 1ポイント=1円
ポイント有効期限 2年
ポイント還元率 0.5%
交換可能マルイ JAL 1ポイント=0.5マイル

ANA1ポイント=0.5マイル

海外旅行保険(自動付帯)
本会員
死亡後遺障害 500万円
傷害治療 200万円
疾病治療 270万円
携行品損害 20万円
賠償責任 2000万円
救援者費用 100万円
航空遅延保険 無し

 

国内旅行保険(本会員)

海外旅行保険(家族特約)

国内旅行(家族特約)

共に無し

 

最大の特徴海外旅行傷害保険

エポスカードの優秀な点はなんといっても年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯でついてくるという点です。

特に傷害治療と疾病治療が出るのは大きいと思います。

海外で病気や怪我をした時にかかる治療費ってどれくらいになるんでしょうか?ちょっと調べてみました。

 

参照  ジェイアイ傷害火災保険

 

ジェイアイ傷害火災保険によれば

2018年度の海外旅行中の事故発生率は3.70%で27人に一人の割合で起きているそうです。思ったよりも多い印象ですよね。

事故の割合は治療.救援費用が46.4%で最も多く,次に携行品損害で26.9%,旅行事故緊急費用が23.0%と続いています。なので、治療費(傷害治療、疾病治療)を充実されることが大切です。

 

実際かかった費用ですが、1000万以上した事例です。これを見ると保険に入らなくっちゃって思っちゃいます。

 

1  ホテルの部屋で意識を失い救急車で搬送。心筋梗塞と診断され19日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。

3,052万円

 

2  クルーズ船内で意識を失いヘリコプターで搬送。肺炎と診断され13日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添いチャーター機で医療搬送。    3,019万円

 

3   風邪の症状で受診。その数日後、全身の痛みのため救急車で搬送。敗血症性ショックと診断され19日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。    2,617万円

 

 

それ以外でもこんな事例も紹介されていました。300万以上の事例

 

①肘に痛みを感じ受診。蜂巣炎と診断され13日間入院。家族が駆けつける。942万円

 

②観光中にめまいを起こし救急車で搬送。脳梗塞と診断され17日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。    696万円

 

③ホテルでふらつき救急車で搬送。脳内出血と診断され14日間入院。家族が駆けつける。看護師が付き添い医療搬送。804万円

 

安心してください‼︎はいてますよ!

ではないですが……

高額な医療費を請求されるのは65歳以上の高齢者での転倒や心疾患や脳梗塞などが圧倒的に多いです。

 

なんで高齢者を除くと、海外旅行で500万円以上の治療・救援費用が発生する確率は、日本で1年間に交通事故で死亡する確率と同程度が、それよりも低いと言える。2万5000人に1人の割合って言われるます。

 

65以下で健康であればそんなに高い保険に入らなくてもいいと言えます。500万もあったら大丈夫ではないでしょうか。

エポスカードの凄いところ自動付帯である‼︎

 

自動付帯とはカードを持っているだけで海外旅行保険に加入していることになります。しかもエポスカードは年会費が無料です。無料で保険加入ができるって最強ですよね。

 

無料のクレジットカードでも保険があるんですが多くが利用付帯って書いてあると思います。

利用付帯は旅行の代金などをカード支払いにすることで保険が適用されます。条件があるんです。持つなら自動付帯がシンプルでいいですよね。

 

家族の保険の保険はどうか?

残念ながらエポスカードには家族特約はついていません。

18歳上なら、早い話必要ならもう一枚作りましょうってことです。年会費無料だからリスクもなしです。ポイントサイトにも案件であるんでポイントも貰えちゃいます^_^

 

 

合算できる

知ってる人は知ってると思いますが,

保険って合算できるのって知ってました?

なので,自動付帯のクレジットカードを複数持っているとより安心して海外旅行に出かけられます。傷害死亡・後遺障害補償は合算できません。お持ちの保険の最高保険額のみとなります。

 

死亡・後遺障害 合算不可能
傷害治療 合算可能
疾病治療 合算可能
携帯品損害 合算可能
賠償責任 合算可能
救援者費用 合算可能
航空機遅延保険 合算可能


ANA  VISAワイドゴールドカードとの合算

ここでどのくらい合算で保険のボリュームアップできるかシミュレーションしてみました。

対象はエポスカードとANAVISAワイドゴールドです。

 

カード名 エポス VISAゴールド 最高保障額(合算)
死亡後遺障害 500万 5000万 5000万
傷害治療 200万 150万 350万
疾病治療 270万 150万 420万
携行品損害 20万 50万 70万
賠償責任 2000万 3000万 5000万
救援者費用 100万 100万 200万
航空機遅延保険

どうでしょう。

合算するとかなりいい保険になると思いませんか?これだけ見るとエポスカードの威力がすごいことがわかりますよね。年会費無料ですから。

その他のカードの特徴

①優待店が10000点店舗あり、様々なジャンルがあり割引サービスが受けられる点です。このように近くにマルイがなくても特典が受けれる点もいいですね。

エポスカード 加盟店

②マルイで年4回の会員限定開催される”マルオとマルコの7日間”というイベントで期間中何度でも10%オフの特典が受けれます。セール中の商品でもそこからさらに10%オフになります。

③年会費無料のゴールドカードを手にすことができる。

このエポスカードですがなんと年間の利用額が100万円以上あるとゴールドカードご招待のインビテーションが来るそうです。少ない人なら50万円でもインビテーションが来るみたいです。インビテーションが来てゴールドカードに申し込むと通常年5000円の年会費が無料となります。

インビテーションがこなくてもゴールドカードで年間50万円以上の決済をすると翌年移行年会費が無料になります。

ゴールドカードになると海外旅行保険の補償額が上がります。ポイントも有効期限なしの永久ポイントになったり空港ラウンジの利用ができるようになりますが。マイルへの変換率は1ポイント=0.6マイルなのでおすすめはしません。保険の充実を図るのなら持っててもいいかもしれませんね。

一般 ゴールド
死亡後遺障害 500万円 1000万円
傷害治療 200万円 300万円
疾病治療 270万円 300万円
携行品損害 20万円 20万円
賠償責任 2000万円 2000万円
救援者費用 100万円 100万円
航空遅延保険 無し 無し

まとめ

  • エポスカードは海外旅行へ行くなら絶対持っとくべきカードです。なぜなら年会費無料だから
  • クレジットカードを複数枚持っておくと合算でき保険に厚みが出ます。その中の一枚にエポスカードを入れましょう。
  • エポスカードを申請する際にはポイントサイトを経由するのがお得です。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ノブ

現役視能訓練士のブロガー。毎日仕事におわれる日々ですが。 マイルに関する記事や日々の生活に役立てる情報を発信しています。 現役のマスターズスイマーでもあり、主に四国内の大会を転戦しています。

-クレジットカード

Copyright© NOBU BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.