アイキャッチ画像

水泳関連

初心者必見‼これでもう迷わないジムのプールへ持っていくべき神7

スポンサーリンク

困ったさん
初めてジムでプールに行くけど持ち物がわからない

 

 

そんな疑問にお答えします

記事の信頼性

ジム歴8年。主にプールで活動中

日本マスターズ水泳協会競技者登録済

 

ジムのプールで泳ぐために必要なものって水着だけじゃないの知ってますか。

プールで泳ぐためには水着のほか最低でもゴーグルやキャップが必要です。

 

この記事ではそのほかに準備していた方がいいアイテムを4つ紹介しています。

ジム歴8年の私もいつも愛用している便利なアイテムばかりです。

 

最後まで読んでくださると、ジムのプールを利用する際の持っていくものがわかり、特に水着の選ぶ上でのポイントもお伝えしているので迷わず購入できる事でしょう。

 

 

ジムでプールを利用するときの持ち物はこちら

  • 水着
  • キャップ
  • ゴーグル
  • 曇り止め
  • タオル(セームタオル)
  • 水中ウォーキングならソックス
  • 防水の袋

 

順に解説していきます

 

プールへ持っていくべき持ち物 ①水着

ボックスタイプ 水着水着はプールで泳ぐにはもちろん必須アイテムです。

これがないと捕まちゃいます(笑)。水着のにもいろいろ種類やデザインがありますよね。

私がおすすめしている水着は競泳水着です。

 

競泳水着をすすめる理由

  • 目立たない
  • 泳ぎやすい

 

目立たない

初めてジムでプールに行く時には出来るだけ目立たない方がいいですよね。

 

実は競泳水着の方がジムでは目立ちません。

なぜならほとんどの方が競泳水着を着ているから

 

セパレートタイプなどの方がよっぽど目立っちゃいます。

 

泳ぎやすい

競泳水着はまさに泳ぎため開発された水着なので水の抵抗を受けにくく、軽量です。

 

なのでとても泳ぎやすく疲れにくいです。

女性もスパッツタイプがあるのでボディラインを気にする人にも対応しています。

 

 

プールでは水中ウォーキングだけするって方は

セパレートタイプでもOKです。

 

水中ウォーキングとは

水中でのウォーキング水流に逆らって歩くので抵抗があり全身を使う。

 

浮力が発生するので負担が軽減される。膝などに不安がある人でも運動可能な場合が多いです

 

 

プールへ持っていくべき持ち物 ②キャップ

水泳キャップキャップ水泳帽子のことです。これもプールで泳ぐなら必須のアイテムです。

レジャー施設なんかはキャップが必要ないところも多いですがジムではまず必須ですね。

 

キャップには2種類あります

メッシュタイプ

シリコンタイプ

 

それぞれ解説していきます。

 

メッシュタイプ

メリット

  • 着脱しやすい
  • 値段が安い

デメリット

  • 髪が傷みやすい

 

着脱しやすい

メッシュタイプは学校の授業とかで着る一般的な水泳帽です。

伸縮するので着脱が容易です。

 

価格も1,000円程度で販売されているので安くお手頃です。

 

いろんなデザインのものがあるので自分のお気に入りのキャップを選んでみるのもテンションが上がっていいかもしれませんね。

 

メッシュタイプのキャップは構造上、水が入ってきます。夏場は頭を冷やしてくれて気持ちいいんですが、髪が傷みます。

髪が痛む原因は主にプールの消毒に使われている塩素にあります。

 

塩素による消毒はプールには必須です。

なぜ塩素を使わなければならないからそれはプール熱などの流行性結膜炎など予防するため。

 

なので私たちの健康を守るためには必要な事なんですよね。

 

しかしこの塩素、残念なことに髪と相性が悪いんです。

塩素と髪を生成しているタンパク質が結びつく事でキューティクルを剥がしてしまう性質をもっています。

 

なのでプールから上がった後髪がゴワゴワするパサつく症状が出てしまうんです。

 

 

シリコンタイプ

メリット

  • 髪が傷みにくい
  • 抵抗が少なく泳ぎやすい
    タイムをめざすにはこちらがおすすめ

デメリット

  • 着脱しにくい
  • メッシュタイプと比べ高い

 

シリコンタイプのキャップは伸びにくいので着脱がしにくいです。結構締め付けがキツク長時間使用していると頭が痛くなることもあります

 

水を通しにくいのでメッシュタイプよりも髪がゴワゴワになりにくいですね。

 

カラーや白髪染めしている人はシリコンキャップをおすすめします。塩素の影響でカラーが取れやすい傾向があります。

 

経験上カラー直後はプールは厳禁です。過去にメッシュキャップをつけてカラー直後に泳いだらすっかり元の髪の色に戻った経験があります

 

2〜3日カラーが馴染んでシリコンキャップをかぶって泳ぐのがbetterです。

 

プールへ持っていくべき持ち物 ③ゴーグル

水泳ゴーグルゴールド選びは大きく分けて2タイプ

クッション付

ノンクッション

 

クッション付きゴーグルは目の周りにゴムが付いているタイプです。

よくある一般的なものですね。

 

一方ノンクッションゴーグルというものもあります。これは字のごとくクッションが付いていないゴーグルになります。

 

ノンクッションゴーグルは競泳用ですので、初心者はクッション付で十分です。

クッション付きゴーグルのメリット

痛くない

ズレにくい

 

長時間の利用でも痛くない

目の周りにゴムが付いているので長時間使用しても痛くなりにくいです。逆にノンクッションは慣れや相性が合っていないとかなり痛いです。

 

オシャレかっこいいのはノンクッションゴーグルです。スイマーって感じがでてきます。

 

ズレにくい

クッションが吸盤の役目をするのでズレにくいです。

 

レンズの上から押さえつけると真空状態になりさらにズレにくくなります。

 

 

プールへ持っていくべき持ち物 ④曇り止め

水泳 曇り止め曇り止めは絶対にあった方がいいアイテムです。

おすすめのポイント

水中での視界が全然違うから。

 

値段も500円程度で安く気軽に買えます。

効果は一回塗ると30〜60分位はあり一度の購入で半年くらいはもちコスパも良いです。

 

最近ではアンチフォグタイプのゴーグルも売られているので、曇り止めに抵抗がある方はそちらで対応してもらってもOKです。

 

 

プールへ持っていくべき持ち物 ⑤セームタオル

スイムタオルタオルでもいいのですがスイマー達はセームタオル(スイムタオル)を愛用しています。

 

洗車なんかもで使われているやつですね。

おすすめのポイント

絞ればすぐ乾き何度でも使えるから

 

 

絞れば何度でも繰り返し使えるので大きなタオルを持って行かずにすみ荷物が少なくて済みます。

 

手入れも簡単で水洗いして干すだけです。

 

水中ウォーキングであればいいもの

滑り止めが付いたソックス

(アクアソックス)

 

浮力も発生する水中ウォーキングでしっかり歩くには滑り止めが付いたソックス(アクアソックス)があると便利です。

 

履くとしっかり蹴れるようになるのでトレーニングの効率も上がりますないと歩いた時に身体が浮いたりグラつきます。

 

 

プールへ持っていくべき持ち物 ⑥防水の袋

ビニール袋でもOK

 

濡れた水着などを入れる袋が有れば事たりますが防水仕様で有れば万一の時でも安心です。

 

プールへ持っていくときに注意してほしいアイテム

次の二つはプールへ持っていくには注意が必要なアイテムです

  • イヤホン
  • 時計

 

イヤホン

泳ぎながら音楽を聴きたい人も中にはいると思います。

 

最近ではBluetooth防水仕様のイヤホンが販売されてますが、ジムでは禁止されているところも多く注意が必要です。

 

購入前に利用施設に確認を取ってくださいね。

 

時計

どのくらい泳いだか記録したい,心拍数を測ってやりたいなど要望はあると思いますがジムでは禁止されている事がほとんどです。

 

理由は危険だから

 

泳いでいるとわかるのですが、泳いでいると手の接触って意外と多んですよね。そこに時計があったら…骨折しそうです。なので禁止。

 

ビート板は準備しなくてOK

 

ビート板はどの施設でも貸し出してくれるので準備不要です。

もちろん自前ののもの持ってきても大丈夫です。

 

まとめ:ジムのプールデビューで準備するもの

水泳道具

プールデビューで準備するものは

水着

ゴーグル

キャップ

タオル

 

とりあえずこの4点があれば泳げます。

どれもトレーニング用なら安く全部合わせても1万円以下で揃えることができます。

 

男性なら5,000円程度でいけるかもしれません。

 

あればさらにいいものは

 

曇り止め

防水仕様の袋 ビニール袋でもOK

セームタオル

 

これらも安くあれば快適にトレーニングできるのでので合わせて購入をおすすめします。

 

以上です。

 

水着ってスポーツ店などで購入すると案外高くてびっくりしちゃいます。

水着を安く購入する方法があったら嬉しいですよね。この記事では水着を誰でも簡単に購入できるテクニックを紹介しています。

参考にしていただけると幸いです。

アイキャッチ画像
マスターズスイマーが教える水着を安く購入する方法 おすすめ3選

続きを見る

 

ジムに着いく最初の水着ってどれが正解かわかりますか?セパレートの水着?ファッション水着?競泳水着?

すぐに答えが出ない初心者の方は必見。

次の記事も読むと水着選びで困ることがなくなります。

How to choose swimwear that gym beginners do not fail
マスターズスイマーが教える‼ジム初心者が失敗しない水着の選び方

続きを見る

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ノブ

現役視能訓練士のブロガー。毎日仕事におわれる日々ですが。 マイルに関する記事や日々の生活に役立てる情報を発信しています。 現役のマスターズスイマーでもあり、主に四国内の大会を転戦しています。

-水泳関連

Copyright© NOBU BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.