アイキャッチ画像

水泳関連

ゴーグルはなぜくもる?その原因とオススメくもり止め代用品7選

スポンサーリンク

困ったさん
ゴーグルがくもって困る原因はなんなの?

 

レジャーで曇り止めがないときの代用品ってあるの?

 

そんな疑問にお答えします。

 

夏が近づく今日この頃,プールや海・川へ遊びに行きたくなりますよね。

 

ゴーグルをしているのにすぐにくもって視界が真っ白くなる。そんな経験あると思います。

 

くもって鬱陶しいそんな状況が続けばイライラしてせっかくのレジャーもテンションがさがちゃいますよね。

 

この記事ではタイトルにもあるように曇りを抑える方法を7つ紹介しています。

アウトドアなど外出している時に使える裏技も合わせてご紹介しています。

 

最後まで読んでくださるともうゴーグルの曇りを気にせず思いっきり水遊びを楽しむことが可能になりますのでよろしくお願いします。

 

この記事の信頼性

  • ジム歴8年 主プールで活動中
  • マスターズスイマー登録済み

 

 

 

早速結論から発表しますね。

 

結論

ゴーグルに付いている皮脂が曇りの原因

アウトドアで曇り止めがないときは7つの裏技で乗り切ろう

 

 

それでは順に説明して行きますね。

 

 

ゴーグルがくもる原因は皮脂汚れ

wash_hands白っぽくくもる原因は皮脂汚れをだったんです。つまり自分の涙や手垢がゴーグルのレンズに付着することが曇りの原因。

 

涙の成分にはすぐに蒸発してしまわないように油が含まれています。このことで涙がゴーグルに付着すると曇ってしまうんです。

まばたきするときごくわずかですが涙も飛んでいるんですよね。

 

なので普通に使ってると涙がレンズに付着して少しずつ曇りが発生します。

 

装着する時にレンズに触れている。

ゴーグルをつける時に知らず知らずにレンズに触れていることがあります。

 

あとよくありがちなのですが、くもりを取ろうとしてレンズをこする人がいます。

一瞬は曇りが取れますがますます曇りが強くなりますので今後はくもったからと言ってレンズをこすらないようにしてくださいね。

 

くもりの原因

皮脂汚れ

  • まばたきによる涙の付着
  • 装着時にレンズに接触

 

 

 

 

次は曇り対策について解説します。

 

曇りの原因は皮脂汚れなので,ようは皮脂汚れを除去すればいいわけです。

 

 

ゴーグルの曇り止め対策

水泳 曇り止め

曇り止め対策で一般的に使われているのが曇り止めスプレーと液体タイプです。

 

私もジムで泳ぐ時にお世話になっています。

 

安価で一本あれば泳ぐ時間にもよりますが私の場合4〜6ヶ月は行けちゃいますね。

これですね。

 

曇り止めには2タイプあります。

 

スプレータイプ

液体タイプ

 

おすすめは液体タイプ。

ボトルの先にスポンジが付いているので液を均一に伸ばすことができるからです。

 

使い方もおさらいしときましょう。案外守れていない人多いです。

 

くもり止めの使い方

step
1
ゴーグルを洗う

ゴーグルを洗う

 

曇り止めを使う前にゴーグルに付いている汚れを洗い落としましょう。

 

この時水洗いだけではなく泡タイプの洗顔やハンドソープを使うとより効果的です。

 

step
2
曇り止めを塗る

 

ゴーグルの汚れを落としたら、いよいよ曇り止めを塗ります。均一に伸ばすのがポイントで量は多く出しても効果はおなじなのです。

 

スポンジがボトルの先についているにで優しくレンズ全体に塗りましょう。

 

step
3
曇り止めを洗い流す

ゴーグルに塗った曇り止めを水で洗い流します。すすぎが不十分で曇り止めが残っていると泳いでいる最中目に入りしみて痛いです。

 

しっかりすすぎましょう。

 

レンズの内側を触らなければ大体の30〜1時間くらいは効果が持続します。

 

次にキャンプなど外出して曇り止めがない時の対処法について紹介します。

 

 

曇り止めがないときの代用品7選

selecting代用品にはここで紹介する以外にもありますがここではキャンプなどアウトドアの時持ってきているであろうものについて紹介しますね。

 

ポイント

曇りの原因を排除すればいい=皮脂汚れを取ればいい

界面活性剤が含まれているものを使う

 

 

曇り止め代用品:①中性洗剤で洗う

 

油汚れといえば洗剤ですよね。食器類を洗う洗剤でレンズを洗えばOKです。

 

これだけで十分曇りが解消されるでしょう。

 

 

曇り止め代用品:②石鹸やハンドソープ・クレンジング

石鹸やハンドソープも洗剤よりは効果は薄いですがやらないよりは全然くもり具合が違うのですべきです。

メイク落としで使うクレンジングはオススメでくもり止め効果は高いですね。

 

泡タイプの方がレンズに負担がなくておすすめです。

 

 

曇り止め代用品:③歯磨き粉

変わり種で歯磨き粉も曇り止めに効果を発揮します。

 

歯磨き粉には研磨剤が入っていますが非常に細かいのでレンズをキズつける事は滅多にありません。

 

研磨剤が細かいほど安心に使用できます。心配な方は洗剤やハンドソープを使いましょう。

 

 

曇り止め代用品::④油膜除去剤

クルマで使う油膜除去剤も使用することができます。キャンプなど行くときクルマの中にあれば代用できるので便利です。

 

薄く塗ったらよくすすいで使ってくださいね。

 

 

曇り止め代用品:⑤唾液 (ツバ)

汚いと思うかもしれませんがスイマーや尼さんなどがよくやってる方法です。

 

ゴーグルを外してツバをつけて洗い流すだけなのでめちゃ簡単で他の方法と比べて時短なんですよね。

 

なぜ曇りがとれるかというと唾液に含まれているリパーゼと言う酵素が油を分解するの働きがあるからなんです。

 

 

植物にも曇り止め効果がある 曇り止め代用品:⑥ヨモギ

代表的なものにヨモギのはがあります。ヨモギの葉にも皮脂などの油脂を分解する成分が含まれているからです。

 

やり方はヨモギの葉を数枚用意します。

 

ヨモギの汁がでやすいように石などで葉をすりつぶす。

 

ヨモギのしぼり汁をレンズにつけ、水ですすげば出来上がり

 

 

曇り止め代用品:⑦海藻

海などでヨモギはない場合には海藻をレンズにこすりつけてください。

この方法も曇り止め効果があるので使えますよ。

 

 

 

まとめ:ゴーグルのくもりの原因とその対策

result今回ゴーグルが曇る原因とその代用品について解説しました。どうでしたか?

 

ゴーグルのくもりの原因は皮脂、つまり油よごれ。これを取り除けばくもりは解消できます。

 

手っ取り早いのは市販の曇り止めです。

 

曇り止めにスプレータイプと液体タイプがあります。

 

オススメは液体タイプ

理由:均一に塗ることができるから

 

 

くもりどめを忘れてしまった時

今回は代用品を7つ紹介しました。

 

  • 洗剤
  • 石鹸・ハンドソープ・クレンジング
  • 歯磨き粉
  • 油膜除去剤
  • 唾液 つば
  • 植物
  • ヨモギ
  • 海藻

 

アウトドアなど必要な時これらどれか一つはあると思うので知ってしれば相当役立つはず

ゴーグルのくもりを解消してプールや川・海遊びを思いっきり楽しみましょう。

 

おわりです。

 

 

しぼれば何度でも吸水力が復活するタオルって知ってますか?それがセームタオル(スイムタオル)です。

この記事ではセームタオルの使い方や手入れの方法を解説しています。

アウトドアや旅行に一枚あるととても便利なアイテムなので興味のある方はあわれて読んでみてくださいね。

アイキャッチ画像
セームタオルのお手入れ方法とカビ対策をマスターズスイマーが徹底解説

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

ノブ

現役視能訓練士のブロガー。毎日仕事におわれる日々ですが。 マイルに関する記事や日々の生活に役立てる情報を発信しています。 現役のマスターズスイマーでもあり、主に四国内の大会を転戦しています。

-水泳関連

Copyright© NOBU BLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.